こだわりの観光スポット検索結果
ジャンル ジャンル [伝説]
16 件の情報が見つかりました。
もどる
 
たねがいけ
侵食谷の北側を鳥取砂丘によってせき止められた堰止湖。中国地方では面積に比して最大の水深(14m)を誇る池でもあります。この池には、「お種弁財天伝説」よばれる伝説があります。昔、蛇の化身である美しい娘の...
鳥取県鳥取市浜坂 鳥取市福部町湯山

こやまいけ
鳥取市にある、池と名のつく湖沼では日本最大の池。周囲18km、面積6.9ha。この池には「湖山長者伝説」と呼ばれる伝説があります。田植えを1日で終わらせるために、沈んだ太陽を扇で再び戻し、無事田植えを...
鳥取県鳥取市湖山町

あんとくてんのうでんせつ
第81代安徳天皇は、歴代の天皇の中でもっとも伝承の多い天皇です。八百年の昔、寿永4年(文治元年・1185年)3月24日最後の源平合戦のとき、赤間関(下関)壇ノ浦で入水されたといわれる安徳幼帝(8歳)は...
鳥取県八頭郡八頭町姫路12

かめいし
県道鳥取・郡家線造成工事中に発見され、現在同線の頂上部中山展望台の下に安置してあり、霊石亀石として奉斎されているこの巨石は、実に亀の形によく似ている玄武岩の自然石です。長さ4.8m、幅2.4m、高さ1...
鳥取県八頭郡八頭町池田字滝の奥東平

ちどめがいけ ゆうひがおか
大国主神が八上姫とこの場所でデート中、サメに足を噛まれ、池の真水で傷口を洗ったら血が止まったという神代の昔話で知られる血止めが池。(たどり着くまでに海への転落注意)この近くの夕陽が丘展望台からの眺望は...
鳥取県鳥取市青谷町青谷

いなばしがんそひ
因州和紙元祖には2つの秘話があります。1つは僧侶説。寛永5(1628)年、美濃の国(現在の岐阜県)から諸国巡錫(じゅんしゃく)をしていた旅の僧侶が、因幡の国河原村(現在の青谷町河原)にやってきて、この...
鳥取県鳥取市青谷町河原

やまぐちしゅうらくにつたわるきしゅう いぬやまじんじゃさいれい
山口集落では、犬山神社祭礼宵宮に集落の代表が、人に見られないように銅製の燈篭を奉納し宮籠りをする風習が続いています。祭礼は江波を除く、社地区の全集落が参加し、獅子舞や花篭を奉納します。獅子の舞は無病息...
鳥取県鳥取市用瀬町大字宮原275-1

めぬまじんじゃ
「延喜式神名帳」(927年)に、八上郡「売沼(ひめの)神社」と記されているのが、現在の「売沼(めぬま)神社」です。「売沼神社」には八上姫(やかみひめ)が祭られています。日本最古の書物「古事記」には、こ...
鳥取県鳥取市河原町曳田

ひけたがわやかみひめこうえん
売沼神社と嶽古墳のある曳田川周辺1ヘクタールを、八上姫のロマンを伝える公園として、整備しています。園内には、大国主命が八上姫のもとへ向かう途中、海岸で白兎を助ける挿話にちなみ、蒲(がま)が植えられてい...
鳥取県鳥取市河原町曳田

ぶじょうじ
寺伝では、平安時代初期弘法大師(空海)の実弟真雅大僧都によって開かれたと伝えられ、寺は15世紀には創設されていたと推定されています。 寺には、国宝の絹本著色普賢菩薩像や重要文化財など多くの貴重な文化...
鳥取県八頭郡智頭町新見73

1 2
もどる