もどる
あらきまたえもん
荒木又右衛門(1598-1638)
もとは大和郡山藩の剣術指南役。「曾我兄弟」「忠臣蔵」とならぶ、日本三大仇討ちの一つの「伊賀上野鍵屋の辻」の助太刀として活躍した人物です。岡山藩主の寵児が殺された際、岡山藩士渡辺数馬に仇討ちの助太刀を依頼され、これを見事に果たしました。その後、岡山藩主池田光仲が鳥取に国替えとなると、数馬と共に鳥取に移りました。現在、荒木又右衛門の墓は玄忠寺にあり、境内には遺品館なども設置されています。実際に仇討ちに使われた太刀や鎖かたびら等、多数の遺品資料は必見です。
[所在地]
〒680-0812 鳥取県鳥取市新品治町176 玄忠寺
[アクセス]
JR鳥取駅から車で約10分/ 鳥取自動車道 「鳥取IC」から約15分
[営業時間]
9:00〜16:00
[料金]
【拝観料】300円 ※15名以上250円
[定休日]
1月1日〜1月3日、春分の日、8月12日〜8月15日、8月20日、秋分の日
[お問い合わせ先]
玄忠寺
[TEL]
0857-22-5294


イチオシのお食事処 イチオシのお宿
もどる
Googleマップを表示できません
もどる