もどる
きゅうおかざきてい
旧岡崎邸
旧岡崎邸は、鳥取藩の財政を立て直した岡崎平内可之に与えられた屋敷で、天保6年(1835年)に建築されたと言われています。この建物は、一般の武家屋敷と比べ大きく、丁寧な造りとなっているため、11代将軍徳川家斉の娘、泰姫が藩主池田斉訓(なりみち)に輿入するに当たって、江戸に建てられた泰姫御殿のための試作品と考えられています。その後、鳥取県再建運動の中心人物で初代鳥取市長の岡崎平内可観といった鳥取を代表する重要人物、また日本で初めての女性弁護士中田正子さんが住んでいた歴史的な建築物です。
[所在地]
鳥取県鳥取市馬場町
[アクセス]
JR鳥取駅から車で約10分/ 鳥取自動車道 「鳥取IC」から約15分
[お問い合わせ先]
NPO市民文化財ネットワーク鳥取
[TEL]
0857-26-1151
[FAX]
0857-22-4103


イチオシのお食事処 イチオシのお宿
もどる
Googleマップを表示できません
もどる