もどる
ながしびなせいさくたいけん
流しびな製作体験
もちがせの流しびなは、旧暦の三月三日のひなまつり、男女一対の紙雛を桟俵にのせ、菱餅や桃の小枝を添えて、災厄を託して千代川に流します。無病息災で一年間幸せに生活できるように願う情緒豊かな民俗行事です。「流しびなの館」館内には、日本各地に伝わる様々な時代の雛人形が多数展示されています。また、同館敷地内には、小さな小さな流しびな神社もあります。喫茶コーナー・売店もあり、休憩やお土産のお買い物もお楽しみいただけます。
[所在地]
〒689-1211 鳥取県鳥取市用瀬町別府32-1
[アクセス]
JR用瀬駅から徒歩10分/JR鳥取駅から車で約30分/鳥取自動車道「用瀬用瀬IC」から国道53号線を約10分
[営業時間]
【流しびなの館】9:00〜17:00 【制作体験】10:00〜15:00
[料金]
【制作体験】800円 【流しびなの館入館料】大人300円
[時期]
通年
[定休日]
毎週水曜日、祝日の翌日(水曜日が祝日のときは開館)
[お問い合わせ先]
(財)用瀬町ふるさと振興事業団(流しびなの館内)
[TEL]
0858-87-3222
[FAX]
0858-87-3169
[メールアドレス]
nagashibina2@it.city.tottori.tottori.jp
[ホームページ]
鳥取市南商工会用瀬支所


イチオシのお食事処 イチオシのお宿
もどる
Googleマップを表示できません
もどる