もどる
くらたはちまんぐう
倉田八幡宮
応神(おうじん)天皇、仲哀(ちゅうあい)天皇、神功(じんぐう)皇后の三柱を祀っています。創建年代は不詳でありますが、鎌倉時代には既にその荘園「滝房荘(たきふさそう)」があり、承元2年(1208)年を初見とします。社領は1,100石余りあり、当時から地方屈指の大社であったと伝えられています。境内には、樹齢1000年といわれる重量感豊かな大イチョウもあり、また、倉田八幡宮社叢全体は、タブノキの巨樹に富む社叢として、国の天然記念物に指定されています。春には例祭と隔年に行なわれる御幸祭があり、御幸祭では麒麟獅子舞(県指定無形民俗文化財)、のぼり武者行列ややっこ舞など独自の神事が行なわれます。秋季大祭では、地元に伝わる民俗芸能のだるま踊り、因幡の傘踊などが奉納されます。
[所在地]
〒680-1131 鳥取県鳥取市馬場299
[アクセス]
JR鳥取駅から車で約15分/ 鳥取自動車道 「鳥取IC」から約10分
[料金]
境内自由
[時期]
参拝:通年、例祭:4/15、御幸祭:4/15に近い土曜か日曜日(隔年)、秋季大祭:9/15に近い土曜か日曜日
[定休日]
無し
[お問い合わせ先]
倉田八幡宮
[TEL]
0857-53-1235
[FAX]
0857-53-1235


イチオシのお食事処 イチオシのお宿
もどる
Googleマップを表示できません
もどる