もどる
もちがせのくひかひ まつおばしょう くひ
用瀬の句碑・歌碑 松尾芭蕉 句碑
「夏来ても ただ一つ葉の 一つかな」 松尾芭蕉(1644〜1694)は山陰には来訪していませんが、彼の俳風を偲んで建てられた碑は多くあり、芭蕉に関係する句碑、追福碑をすべて数えてみると、県内には十二基が認められます。俳句を刻んだものでは、用Pの碑が因幡地方で最も古いものです。
[所在地]
鳥取県鳥取市用瀬町用瀬 用瀬下町踏切 番所前
[アクセス]
JR用瀬駅近辺/JR鳥取駅から車で約30分/鳥取自動車道「用瀬IC」から国道53号線を約10分
[お問い合わせ先]
鳥取市用瀬町総合支所 地域振興課
[TEL]
0858-87-2111
[FAX]
0858-87-2270


イチオシのお食事処 イチオシのお宿
もどる
Googleマップを表示できません
もどる