もどる
はくとじんじゃ
白兎神社
創建は不詳。現在の社殿は明治29年(1896)に再建されたものです。社叢は国の天然記念物に指定されています。有名な神話「因幡の白兎」にゆかりの白兎神を祭った神社で、境内には白兎が大国主神の言葉に従って身を洗った「不増不滅」の御身洗池があります。皮膚病・火傷などにきくと伝えられています。因幡の八上姫神に求婚しようとする八十神達のお供をして因幡を訪れた大穴牟遅神(大国主命)が、ワニをだまして皮を剥がれた白兎と出会って助け、喜んだ白兎が八神姫神と大国主神が結ばれると予言した事から、縁結びの神社とも伝えられています。また、道の駅白兎で三枚の神符が一組になっている恋愛成就を祈願する白兎起請文(神を立会人にして2人の約束事を書いた神符)が販売されており、人気を集めています。
[所在地]
鳥取県鳥取市白兎603
[アクセス]
JR鳥取駅から車で約20分/ 鳥取自動車道 「鳥取IC」から約20分
[料金]
境内自由
[お問い合わせ先]
白兎神社
[TEL]
0857-59-0047
[関連がありそうなスポットをランダム表示]


イチオシのお食事処 イチオシのお宿
もどる
Googleマップを表示できません
もどる