もどる
ごくらくじのかんがえじぞうとしゃきょうたいけん
極楽寺の考え地蔵と写経体験
極楽寺は、大化2年(646年)に法道仙人が修行遍歴の際にあらたかな感応に触れて山を開き、12の僧坊を建立したといわれています。弘法大師の実弟である真雅僧正が逗留した真言宗のお寺です。 お地蔵さまは150年前に建立。歴史とともに数々の霊験が表れ、いつしかお地蔵様独自の六道能下大慈悲のお徳に加え、知恵の仏様として信仰されるようになりました。考え深いお姿と表情から「かんがえ地蔵さん」と名づけられ、特に子供たちに親しまれるようになりました。村では毎夏に「かんがえ地蔵まつり」を実施しています。 また、お寺では、写経体験ができます。写経の目的は、心を清浄すること。写経をすることで、集中力、忍耐力がついて、姿勢が良くなり、心と体が癒され落ち着いてきます。また集中したり、指先を使うことで脳も活性化されるなどいろいろな効用があることが認められています。最初ご住職のお話、説明があり、実質1時間程度です。
[所在地]
鳥取県八頭郡智頭町大背
[アクセス]
JR智頭駅から車で約20分/JR鳥取駅から車で約1時間/鳥取自動車道「智頭IC」から国道53号線、県道295号線を約25分
[所要時間]
写経体験:2〜3時間
[料金]
写経体験:1,000円(お餅、お茶、おみやげ付)
[定員]
写経体験:20名程度まで
[定休日]
写経体験:随時(要予約)
[お問い合わせ先]
極楽寺
[TEL]
0858-78-0448


イチオシのお食事処 イチオシのお宿
もどる
Googleマップを表示できません
もどる