もどる
ちづしゅくさんさく
智頭宿散策
智頭宿《塩屋出店(国登録有形文化財)、もみの木亭、西河克己映画記念館、米原邸(非公開)、石谷家住宅、消防屯所、中町・下町公民館(国登録有形文化財) 等》は、烏取県内で最大の宿場町として栄え、往時を偲ばせる古い町並みが残っています。堂々たる構え、美しい格子戸の旧家、レトロな洋館の公民館、江戸時代から続く酒蔵など。塩屋出店は明治30年頃の和風建築の町屋で、裏庭にはレトロな白い洋館(西河克己映画記念館)があり、和風庭園を眺めながら食事・休憩ができる「もみの木亭」として活用されています。お食事・喫茶「もみの木亭」は、コシのあるうどんや智頭町特産の柿の葉寿司(季節限定)やこだわりコーヒーなどが人気です。観光ボランティアガイドを頼むとより一層楽しめます。2010年、NPO法人「日本で最も美しい村」連合に、県内の自治体で初めて智頭町が加盟しました。
[所在地]
鳥取県八頭郡智頭町智頭
[アクセス]
JR智頭駅から徒歩10分/JR鳥取駅から車で約50分/鳥取自動車道「智頭IC」から約5分
[営業時間]
【もみの木亭】11:00〜14:00 【観光ボランティアガイド】9:00〜16:00頃
[料金]
【もみの木亭】名物ぶっかけうどん600円、特産柿の葉寿司1皿(2ケ)300円 他
[定員]
【もみの木亭】30人程度【観光ボランティアガイド】予約が必要です。
[定休日]
【もみの木亭】毎週水曜日、年末年始(12月29日〜1月5日)
[お問い合わせ先]
智頭宿まちづくり協議会(もみの木亭)
[TEL]
0858-76-1200
[FAX]
0858-76-1200


イチオシのお食事処 イチオシのお宿
もどる
Googleマップを表示できません
もどる