もどる
ひょうのせん
氷ノ山
標高1510mは兵庫県最高峰で、中国地方においても大山に次ぐ高峰。瀞川平や那岐山などとともに氷ノ山後山那岐山国定公園を形成しています。成因は300万年ほど前に活動した海底火山と考えられ、山麓の若桜町舂米ではビカリアなどの新生代の海生生物の化石が発見されています。火口跡は山頂近くにある古生沼(こせぬま)といわれ、ブナや杉の自然林が残り、天然記念物のイヌワシやツキノワグマが生息しています。氷ノ山山頂付近には、氷河時代の残存植物であるキャラボクが点在しており、中でも標高1480m地点にある大木の千年キャラボクは有名です。近代以降、山麓から北隣の鉢伏山にかけて多くのスキー場が建設されていますが、それ以外は原生林が保全されており、「21世紀に残したい日本の自然100選」や「日本の秘境100選」にも選ばれています。スキー以外にも登山など一年を通して氷ノ山の自然を楽しむことができます。
[所在地]
〒680-0728 鳥取県八頭郡若桜町つく米
[アクセス]
若桜鉄道・若桜駅から車で約20分/JR鳥取駅から車で約1時間/中国自動車道「山崎IC」から国道29号線を北上・約1時間半
[お問い合わせ先]
(若桜町観光協会)若桜町役場自立政策課内
[TEL]
0858-82-2231
[ホームページ]
若桜町観光協会


イチオシのお食事処 イチオシのお宿
もどる
Googleマップを表示できません
もどる