もどる
ちょうつうじふすまえ
長通寺 ふすま絵
のどかな農村風景の中にたたずむ曹洞宗の古刹。明治期の日本画家八百谷冷泉(やおたにれいせん)の襖絵「大波涛」は冬の日本海を描いたもので、郷土に帰り滞在させてもらった際のお礼として残した作品といわれています。冷泉は、連日鳥取市街地を通り抜け郊外の賀露港まで写生に出かけ、実に3年間を取材と構想に費やし、瞬く間に襖20枚を描き上げてしまったそうです。1956年にここを訪れた作家志賀直哉の碑が本堂の入り口横に立っています。
[所在地]
〒680-0144 鳥取県鳥取市国府町岡益285
[アクセス]
JR鳥取駅から車で約15分/鳥取自動車道 「鳥取IC」から国道29号線を経由・約25分
[料金]
境内自由、【襖絵拝観】800円(要予約)
[定休日]
7月中旬〜8月下旬(休業)
[お問い合わせ先]
長通寺
[TEL]
0857-24-7755


イチオシのお食事処 イチオシのお宿
もどる
Googleマップを表示できません
もどる