もどる
やまもとかねふみ こうぼうとくら
山本兼文(1918-1992) 「工房と蔵」
地域 [岩美] 種類 [彫刻][人物] 季節 [] [] [] []
岩美郡岩井村白地(現岩美町白地)生まれ。彫刻家・辻晋堂氏の作品に感銘を受け彫刻家を目指し、昭和19年結婚を機に住まいを蒲生村馬場(現岩美町馬場)に移り活動に専念します。昭和28年の日本美術院展に入選し、鳥取大火復興のシンボルとして「若桜橋親柱のデザイン」など県内の公共の場に30を越す作品を残しています。現在、馬場集落には、暮らした家の前に工房と多くの収蔵する蔵があります。
[所在地]
鳥取県岩美郡岩美町馬場
[アクセス]
JR岩美駅から車で約15分/JR鳥取駅から車で約30分/ 鳥取自動車道「鳥取IC」から国道9号線を経由・約50分

地域 [岩美] 種類 [彫刻][人物] 季節 [] [] [] []

イチオシのお食事処 イチオシのお宿
もどる
Googleマップを表示できません
もどる