こだわりの観光スポット検索結果
ジャンル ジャンル [石・石碑・墓]
56 件の情報が見つかりました。
もどる
 
とっとりのくひかひ おかのていいちかひ
明治11年(1878)、現在の鳥取市古市生まれの作曲家。少年期に永井幸次の弾くオルガンや賛美歌に魅せられ、東京音楽学校進学後、文部省唱歌編さんの事業に参画。ここで、高野辰之と岡野貞一による「ふるさと」...
鳥取県鳥取市東町 久松公園入口

こうぜんじ
鳥取藩主池田家の菩提寺。庭園は池泉観賞式の武家書院造りで、鳥取市指定名勝です。宗派は黄檗宗(おうばくしゅう)。裏山には「伊賀越えの仇討ち」の主人公渡辺数馬のお墓、庭の隅にはキリシタン灯籠、山門のそばに...
鳥取県鳥取市栗谷町10

ふかおかくま
甲冑(かっちゅう)を付けない素肌の剣術に改め、自分の号「井蛙」をとり、「井蛙と雖も大海を知る」の意味を含めた、雖井蛙(せいあ)流を考案した人物です。この流儀は鳥取藩の剣術の主流となり、鳥取藩のみに伝わ...
鳥取県鳥取市弥生町205

にちれんゅうほんじょうじ
開創は慶長6(1601)年、宗派は日蓮宗。慶長5(1600)年岡山藩主池田忠雄の重臣、加藤丹水が母本浄院のために創建。その後、岡山藩主池田光仲がお国替えにより鳥取城へ移住された際に、重臣、加藤家の菩提...
鳥取県鳥取市弥生町205

ひらいごんぱち
鳥取藩主池田光仲の家臣平井正左衛門の長男であり、鳥取の剣豪の一人。父の仇討ちとして、家中の者を斬ったため、江戸に脱藩しましたが、遊行費欲しさに辻斬りを重ね、鈴ケ森で極刑になります。その後、浄瑠璃や歌舞...
鳥取県鳥取市湯所町1丁目(鳥取市立北中学校第二グラウンドテニスコ-ト脇)

わたなべかずま
「曾我兄弟」「忠臣蔵」とならぶ、日本三大仇討ちの一つの「伊賀越えの仇討ち」の主人公。数馬は岡山藩士として藩主池田忠雄に仕えていましたが、寛永7年、弟の渡辺源太郎が河合又五郎に斬られる事件が起こりました...
鳥取県鳥取市栗谷町10

あらきまたえもん
もとは大和郡山藩の剣術指南役。「曾我兄弟」「忠臣蔵」とならぶ、日本三大仇討ちの一つの「伊賀上野鍵屋の辻」の助太刀として活躍した人物です。岡山藩主の寵児が殺された際、岡山藩士渡辺数馬に仇討ちの助太刀を依...
鳥取県鳥取市新品治町176 玄忠寺

あんとくてんのうでんせつ
第81代安徳天皇は、歴代の天皇の中でもっとも伝承の多い天皇です。八百年の昔、寿永4年(文治元年・1185年)3月24日最後の源平合戦のとき、赤間関(下関)壇ノ浦で入水されたといわれる安徳幼帝(8歳)は...
鳥取県八頭郡八頭町姫路12

かめいし
県道鳥取・郡家線造成工事中に発見され、現在同線の頂上部中山展望台の下に安置してあり、霊石亀石として奉斎されているこの巨石は、実に亀の形によく似ている玄武岩の自然石です。長さ4.8m、幅2.4m、高さ1...
鳥取県八頭郡八頭町池田字滝の奥東平

ばくまつのいしく かわろく
幕末の石工、川六(本名:尾崎六郎兵衛/?〜1865)は、地元産の安山石で作品を製作した人物です。主に灯ろう、こま犬を製作し、こま犬は「目がぱっちりで耳が垂れて、愛らしい」のが特徴。専門家・美術館学芸員...
鳥取県鳥取市青谷町 気高町 鹿野町 湯梨浜町

1 2 3 4 5 6
もどる