こだわりの観光スポット検索結果
地域 地域 [八頭東]
72 件の情報が見つかりました。
もどる
 
あんとくてんのうでんせつ
第81代安徳天皇は、歴代の天皇の中でもっとも伝承の多い天皇です。八百年の昔、寿永4年(文治元年・1185年)3月24日最後の源平合戦のとき、赤間関(下関)壇ノ浦で入水されたといわれる安徳幼帝(8歳)は...
鳥取県八頭郡八頭町姫路12

かめいし
県道鳥取・郡家線造成工事中に発見され、現在同線の頂上部中山展望台の下に安置してあり、霊石亀石として奉斎されているこの巨石は、実に亀の形によく似ている玄武岩の自然石です。長さ4.8m、幅2.4m、高さ1...
鳥取県八頭郡八頭町池田字滝の奥東平

なりたさんせいりゅうじぶつぞう
青龍寺の宝物館に納められている持国天立像(じこくてんりつぞう)は東方の守護神、多聞天立像(たもんてんりつぞう)(毘沙門天)は、北方の守護神で災難よけの神です。いずれも鎌倉時代の寄木造りの極彩色で、台座...
鳥取県八頭郡八頭町下門尾46

はじももいはいじあと
国の史跡の「土師百井廃寺跡」は白鳳時代和銅年間に行基がひらいた慈住寺跡と見られ、南大門、三重塔、金堂、講堂などがあったと推定されており、心礎、伽藍の配置などから奈良の法起寺と同様の大寺が偉容を誇ってい...
鳥取県八頭郡八頭町土師百井

だいじゅじのうらくつばき
八頭町福地の大樹寺(だいじゅじ)境内にあり、樹齢400年で、樹高9m、幹周り1.9mの巨木。11月下旬から4月上旬まで淡いピンク色の優雅な花を咲かせます。
鳥取県八頭郡八頭町福地408

ふくもとのおはつきいちょう
八頭郡八頭町福本の祖師堂境内にあるイチョウで、葉の先にギンナンができるため、オハ ツキイチョウといわれています。従来老年相の木にできると考えられていましたが、若木にもでき遺伝的なものです。福本のものは...
鳥取県八頭郡八頭町福本

にしみかどのおおいちょう
八頭郡八頭町西御門の中央山ろくに仁王堂があり、庭を昇る石段の右の方に斜めに広く根をはった一本のイチョウがあります。因幡誌には「仁王堂の前に七抱へ許りの銀杏樹の大木ある是也。12月30日の夜この木に疱瘡...
鳥取県八頭郡八頭町西御門

みかみとめきち
明治30年、八頭郡上私都村野町に生まれます。大正8年、鳥取県師範学校を卒業後八頭郡社用瀬小学校を経て師範附属小学校に教員として就任しました。大日本少年団リーダーとして県内外で活動し、その中で多くの野外...
鳥取県八頭郡八頭町

あんとくのさとひめじこうえん
安徳天皇を祭る神殿や五輪塔群がある八頭町姫路地区に平成8年に完成した総合アウトドア施設です。ペンション風の休憩宿泊施設(管理棟兼用)の私都荘(きさいちそう)には、28帖の研修室などがあり、20〜30人...
鳥取県八頭郡八頭町姫路12

いんきゅうざんやき
奈良時代に久能寺周辺で始まったといわれている因久山焼は、鳥取池田藩の御用窯として愛用されたことでよく知られています。因幡地方の久能寺が窯元であることから因久山焼と名付けられました。地元の土、わら灰等の...
鳥取県八頭郡八頭町久能寺649

1 2 3 4 5 6 7 8
もどる